自費出版をする前に

自費出版の所得税の考え方

自費出版の所得税の考え方

自費出版の所得税の考え方 自費出版で得た収入には、所得税が発生します。しかし損をしてしまうケースもあるので注意が必要です。まず所得税とは所得に対してかかる税金なので、支出が収入を上回ってしまった場合は、基本的に課税されません。ただし自費出版による収入は、10種類の所得の中でも雑所得に分類されており、損益に関係なく税金がかかってきます。
そのため収益から経費を引いてマイナスになってしまった場合でも、税金が発生します。また勤めている人なら会社側が年末調整を行ってくれますが、出版で得た雑所得を会社が処理することはないため、自分で申告することになります。
この雑所得に分類されるのは自費出版による収入だけでなく、著作権の使用料収入なども含まれ、常に所得税の申告が必要です。
しかし、給与所得や退職所得を除いた所得が20万円以下の場合は、申告する義務はありません。
つまり自費出版による収益が20万円に満たないなら、申告は必要ありません。

自費出版の本の売り上げに関する税金について

自費出版の本の売り上げに関する税金について 自費出版で出した本が、無事人の目に留まり、購入してもらえるようになると売上や、印税(利益)が発生するようになってきます。
となると、ここで絡んでくるのが税金の問題。本の売り上げに関する税金について、簡単に説明させていただきます。
結論から申し上げますと、自費出版の本によって利益が出ていた場合、その利益に対して税金を払わなければなりません。
厳密には確定申告が必要なレベルでの利益が出ていた場合には、その申告、納税の義務が発生する、という形になります。ここでポイントとなってくるのは、利益が課税対象になる、という点です。自分に入ってきたすべてのお金に対して課税がなされるわけではなく、そこから出版にかかった経費を引き、なお(一定金額以上の)黒字であった場合には税金支払いの義務が発生する、という形になります。
特にウェブではなく紙媒体で出版を行った場合には多くの経費がかかりますので、総合で赤字なのに支払わなければならない、ということではありませんので、ご安心ください。

新着情報

◎2018/4/5

本を書店に並べるには
の情報を更新しました。

◎2018/3/8

個人出版をするメリット
の情報を更新しました。

◎2017/12/14

自費出版の所得税の考え方
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

自費出版の種類について
の情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「出版 税金」
に関連するツイート
Twitter

税金に関する書籍(出版社:㈱清文社)を多数取りそろえておりますので、芦屋納税協会へお越しください。

Twitter(非公式)芦屋納税@Nouzei_A

返信 リツイート 15:43

税金に関する書籍(出版社:㈱清文社)を多数取りそろえておりますので、芦屋納税協会へお越しください。

Twitter(非公式)芦屋納税@Nouzei_A

返信 リツイート 3:43

「不動産の教科書」(ソーテック社)登録免許税、不動産取得税、固定資産税、ローン控除etc不動産を売る時、買う時、保有する時の税金を実例と図版を用い分かり易く解説🤓 amzn.asia/16KN2gj #不動産#不動産投資#不動産管理#宅建士#マン管#出版 pic.twitter.com/00UUozLwig

返信先:@yuzuki_ogura プロ野球選手がよく出す、税金対策のための自伝出版みたいな感じかもしれませんねw

Twitter🇰🇭いのせみなり🇰🇭@tmyk334

返信 リツイート 昨日 21:28

税金に関する書籍(出版社:㈱清文社)を多数取りそろえておりますので、芦屋納税協会へお越しください。

Twitter(非公式)芦屋納税@Nouzei_A

返信 リツイート 昨日 13:43

税金に関する書籍(出版社:㈱清文社)を多数取りそろえておりますので、芦屋納税協会へお越しください。

付録が足利持氏血書願文原寸大複製(カラー)だなんて最高だよね神奈川県史資料編古代・中世。 自治体史出版の財源って、税金なのだろーか。だとしたら血税をなんてことに使ってくれたんだ(いいぞもっとやれ)。

「内閣官房長官の裏金」機密費の扉をこじ開けた4183日の闘い 上脇博之著 日本機関紙出版 原資が税金なのに領収書もなく使途が明らかにされなかった「官房機密費」 もう機密だから仕方がない、では済まされない。ぜひ一読を!

Twitterナオリン(脱原発に1票)@nm19553305

返信 リツイート5 10/19(金) 14:55

可処分所得は変わらないもしくは保険料税金の上昇で下がっているのに、書籍本体の価格も出版品数も激増して、消費者が支えきれるワケなかろうて。 「在庫が増えて販売数が減る」では本屋もやっていけんよ……

Twitterうたしま(詩島広海)@minato_kame

返信 リツイート 10/19(金) 14:05

税金に関する書籍(出版社:㈱清文社)を多数取りそろえておりますので、芦屋納税協会へお越しください。

Copyrignt(c) 2017 自費出版をする前に All Rights Reserved.