自費出版をする前に

自費出版をする前に

自費出版と印税の関係

自費出版と印税の関係 自費出版は作者自身が出版化にあたって全額負担しているので原則として印税は発生しません。
ただし自費出版の売り上げによる出版社の介入で発生するケースもあります。
まず出版社が一般でも販売可能と判断して本の部数を上乗せした場合と 出版した本を増刷する際それを出版社が負担した場合です。
どちらも介入した部分のみに税が発生します。
もし出版社が増版などを負担した場合その部分だけ 発行部数×定価×印税率(3%〜10%) の式でどれくらいの金額なのかを試算することができます。
また一冊めからは税は発生しません。
ただし元々が自費出版なので一般的に 売れる見込みは低いので税が期待できたり 売れる事自体稀なケースとなります。
その一つがその作りが作者自身の満足のための仕様になっている事です。
また売るために作ったとしてもチェックするのが作者自身のみである事も 本自体の質が低く出来上がる率が非常に高くなっています。
なのでよほど著名な人の制作でないと売れる見込みは非常に低い点が挙げられます。

自費出版はどれぐらい儲かる?

自費出版はどれぐらい儲かる? 昨今、電子書籍の活発化や出版社が提供する出版サービスなどの普及によって、プロとしてデビューした作家以外にも自費出版を行う人が増加しています。
しかし、自費出版を行う上で気になるのが、どれぐらい儲かるのかということでしょう。
自費で出版するわけですから、最低限、その費用だけは回収したいと考えている方もいるはずです。
結論からいえば、自費出版はよほどのことがない限り、儲けが出ることはありません。
売れたとしても、出版する際にかかった費用が回収できる程度ということが多いようです。
その理由は、やはりアピール力のなさにあるといえます。
自費の場合、一般書籍と比べて、多くの方へ著書をアピールする場所がほとんどない上に、書籍として書店に置いてもらえる可能性も低くなります。
そのため、どうしても手に取ってもらう機会が少なくなってしまうのです。
ただし、最近はほとんど費用がかからず電子書籍として自分の作品を販売できるサイトなども増えていますので、そうしたところで出版し、SNSなどを活用して宣伝をすれば儲かる可能性もあるといえます。

新着情報

◎2018/4/5

本を書店に並べるには
の情報を更新しました。

◎2018/3/8

個人出版をするメリット
の情報を更新しました。

◎2017/12/14

自費出版の所得税の考え方
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

自費出版の種類について
の情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「出版 印税」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@izakayamarichan おめでとうございますー!次女さんの死に方占い爆笑しました。 本が出版されたら、印税のことわざもぜひ!

印税はお受け取らないにしても、民間の出版社や関連の企業が利益を得ることはのような解釈になるのでしょうか?天皇陛下の国事行為は国会召集とか最小限にして、祭祀に専念していただいたほうが皇室の権威が保たれて良いと思うのです。明治以前は徳川家以下武士階級といえどお姿すら御見せしなかった。

Twitter亜3時@無糖派@sanzikan

返信 リツイート 10:41

返信先:@omiyahime あ、キツいと申しましたのはパーセンテージのお話ではないです。紙の出版ですと通常は刷り部数に応じて印税が受け取れるのですが、電子だと一冊単位の売り上げに応じて、となるので。その代わり在庫切れの概念はないので、そこは利点と言えるでしょうね。

Twitter三家本礼『血まみれスケバンチェーンソーreflesh』1巻発売中@reimikamoto

返信 リツイート 6:50

返信先:@reimikamoto やはり、そうでしたか。。 ご回答ありがとうございます。 紙出版の場合、印税10%、電子出版の場合、印税は何%になるのでしょうか、、、?

にこもー、アイドルして売れたらー、ホームレス女子高生って本を出版してもらって、印税で生活したいなー?

Twitter超貧乏にこちゃんbot@bb_yzw

返信 リツイート 6:13

返信先:@abulaslime 早速レシピ本出版の準備をします!印税生活!!

TwitterTaBiCo@バクの世話係@NewTabico

返信 リツイート 3:46

ここで絶望の数字出しますね。 書籍化して1000円の本が100万部売れても 印税10%としても1千万、税金引かれ900万。 出版不況と言われる現在100万部も売れるかな? 実績も無い人に印税10%も渡すかな?? 俺は900万あれば5年ニートするけど。

返信先:@_arsylo_29 今調べたら仮に1300円の本が10万部売れて、印税率が10%、消費税が8%だったら 1,300円×100,000部×10%×1.08=14,040,000 ゆえに支払われる印税は1400万円強 私、出版するっ!☺️

Twitterヨシノ ネネ@n__0023

返信 リツイート 0:09

RTについて。更に出版社が関わっても、契約やら重版が掛かるかで出版社が儲かるか作家さんに印税が入るかは度胸試しなので、全ては読んだ人の財布と読了後の声に掛かってます。 書籍の中身は、関わった方々の愛で出来てるから………値段云々以上に大事にしてください。。。_:(´ཀ`」 ∠):

このツイート埋め込んで追記していただいてた( ´・‿・`)追記文も、原文も部数減考慮してなかったこと以外はとても同意( ´・‿・`) なので、「一般的な技術書は著者の印税が8%〜10%」という現状では、それより非商業出版やWebの記事での活動メインが良いかなと思ってしまう( ´・‿・`)

Twitter🐶 mono  - iOS/SwiftとFlutterとラブラドールの雑種( ´・‿・`)@_mono

返信 リツイート 昨日 22:50

Copyrignt(c) 2017 自費出版をする前に All Rights Reserved.