自費出版をする前に

自費出版をする前に

自費出版と印税の関係

自費出版と印税の関係 自費出版は作者自身が出版化にあたって全額負担しているので原則として印税は発生しません。
ただし自費出版の売り上げによる出版社の介入で発生するケースもあります。
まず出版社が一般でも販売可能と判断して本の部数を上乗せした場合と 出版した本を増刷する際それを出版社が負担した場合です。
どちらも介入した部分のみに税が発生します。
もし出版社が増版などを負担した場合その部分だけ 発行部数×定価×印税率(3%〜10%) の式でどれくらいの金額なのかを試算することができます。
また一冊めからは税は発生しません。
ただし元々が自費出版なので一般的に 売れる見込みは低いので税が期待できたり 売れる事自体稀なケースとなります。
その一つがその作りが作者自身の満足のための仕様になっている事です。
また売るために作ったとしてもチェックするのが作者自身のみである事も 本自体の質が低く出来上がる率が非常に高くなっています。
なのでよほど著名な人の制作でないと売れる見込みは非常に低い点が挙げられます。

自費出版はどれぐらい儲かる?

自費出版はどれぐらい儲かる? 昨今、電子書籍の活発化や出版社が提供する出版サービスなどの普及によって、プロとしてデビューした作家以外にも自費出版を行う人が増加しています。
しかし、自費出版を行う上で気になるのが、どれぐらい儲かるのかということでしょう。
自費で出版するわけですから、最低限、その費用だけは回収したいと考えている方もいるはずです。
結論からいえば、自費出版はよほどのことがない限り、儲けが出ることはありません。
売れたとしても、出版する際にかかった費用が回収できる程度ということが多いようです。
その理由は、やはりアピール力のなさにあるといえます。
自費の場合、一般書籍と比べて、多くの方へ著書をアピールする場所がほとんどない上に、書籍として書店に置いてもらえる可能性も低くなります。
そのため、どうしても手に取ってもらう機会が少なくなってしまうのです。
ただし、最近はほとんど費用がかからず電子書籍として自分の作品を販売できるサイトなども増えていますので、そうしたところで出版し、SNSなどを活用して宣伝をすれば儲かる可能性もあるといえます。

新着情報

◎2018/4/5

本を書店に並べるには
の情報を更新しました。

◎2018/3/8

個人出版をするメリット
の情報を更新しました。

◎2017/12/14

自費出版の所得税の考え方
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

自費出版の種類について
の情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「出版 印税」
に関連するツイート
Twitter

印税の話題が出る度に 「るんかんを いんぜいはちぱですりたれば たちよみやめてのぞむぞうさつ」 という『るんるんカンパニー』出版時に詠まれたとり・みき先生の短歌を思い出してしまう。

漫画ってそうなんすかね? 少なくとも僕が一緒に仕事している出版社さんは、初版印税は刷り部数契約だし、初版印税の支払いは発売日締めの翌月払いだなぁ。まあ、印税は増刷分からとか支払いは半年後とか条件出されたこともなくはないけど、そういうのは全部断ってるってのもあるかも twitter.com/kawaguchi_game…

Twitter小関匡@編集者&ライター@koseki48724805

返信 リツイート2 15:14

ついにぶっちゃけデータが(><; こうなると初版何部刷られるのか?その印税は? なんてことまで知りたい!! 作成中)出版社のマンガ家の新人の原稿料ってぶっちゃけいくら? -参考まで-|まんがたり前田 @mangatari_maeda|note(ノート) note.mu/mangatari_maed…

Twitter漫画元気発動計画@mangagenki

返信 リツイート21 14:42

初めて本を出した時、編集さんには印税額言うのはタブーですって教えられたなー。 作家さんによって額違うし、出版社と作家との信頼で成り立っている仕事だから、印税額については他人に言わないでくださいって。

Twitterあげは (高梨 千加)@koigatari

返信 リツイート 12:26

返信先:@ta22ping 格安原稿料に心折れる修整の数々…の割には入らず食っていけない印税。でも電子書籍という媒体で窓口だけは広がる一方、という状況に対して、全部自分でやった方が実入りがいい、どうせ保証(福利厚生)なんてないってことなのかなあ…と。 質の悪い名ばかり出版社はいつまで持ちますかねえ

Twitter氷上@11月ネ62b@hkm_888

返信 リツイート 12:09

印税の契約は本当にバラバラですね。出版不況は作家も大変です。 twitter.com/kawaguchi_game…

Twitterおがたちえ@台湾好き漫画家@ogachinpa

返信 リツイート1 8:19

RT @qiaoyang915: 研究書の出版印税入らないどころか、出版社にお金を要求される。自分で書いた本を教科書に使った場合、印税収入は(良くて)数万円レベル。書く手間を考えると時給は100円くらいなのでお金のためにやっている人は少ない。 #一般の人が知らない学術研究の…

TwitterScience space proton@miss_proton

返信 リツイート 7:46

「地下鉄サリン事件」が起こる前まではオウム真理教なんて無名だった まだ無名だった時代からオウム真理教だけをひたすら追っていたジャーナリストはサリン事件をキッカケにメディアにひっぱりダコ 本を出版したら即完売 現在では印税だけで生きていけるレベル ジャーナリズムなんてそんなもんです

TwitterMasaya🇺🇸ミナトのすゝめ@masaya_minato

返信 リツイート 7:37

出版不況の現状も理解しているし、稿料上がらなくても作家は売れるもの作って印税で補填すればいいじゃない、っていう理屈もまぁそうなんだけど、単価が上がらないと後継という裾野に「血液」回らずに壊死するじゃん、ともおもうのよね…

Twitter高野 聖@漫画版「異世界薬局」①~③発売中@highlander_tk

返信 リツイート 3:41

返信先:@ikaryakuchan 政府を批判し民主主義を叫ぶ文系の学者は、国の補助金を貰わずに論文を出版することで得られる印税で研究を続けたらいい 自身の研究が民の役に立つとの自信があり、民の声を信頼するならきっと研究に必要な印税は稼げるだろうから それが出来ないと思うなら民主主義を信じてないという事じゃないか?

Copyrignt(c) 2017 自費出版をする前に All Rights Reserved.