自費出版をする前に

自費出版をする前に

自費出版と印税の関係

自費出版と印税の関係 自費出版は作者自身が出版化にあたって全額負担しているので原則として印税は発生しません。
ただし自費出版の売り上げによる出版社の介入で発生するケースもあります。
まず出版社が一般でも販売可能と判断して本の部数を上乗せした場合と 出版した本を増刷する際それを出版社が負担した場合です。
どちらも介入した部分のみに税が発生します。
もし出版社が増版などを負担した場合その部分だけ 発行部数×定価×印税率(3%〜10%) の式でどれくらいの金額なのかを試算することができます。
また一冊めからは税は発生しません。
ただし元々が自費出版なので一般的に 売れる見込みは低いので税が期待できたり 売れる事自体稀なケースとなります。
その一つがその作りが作者自身の満足のための仕様になっている事です。
また売るために作ったとしてもチェックするのが作者自身のみである事も 本自体の質が低く出来上がる率が非常に高くなっています。
なのでよほど著名な人の制作でないと売れる見込みは非常に低い点が挙げられます。

自費出版はどれぐらい儲かる?

自費出版はどれぐらい儲かる? 昨今、電子書籍の活発化や出版社が提供する出版サービスなどの普及によって、プロとしてデビューした作家以外にも自費出版を行う人が増加しています。
しかし、自費出版を行う上で気になるのが、どれぐらい儲かるのかということでしょう。
自費で出版するわけですから、最低限、その費用だけは回収したいと考えている方もいるはずです。
結論からいえば、自費出版はよほどのことがない限り、儲けが出ることはありません。
売れたとしても、出版する際にかかった費用が回収できる程度ということが多いようです。
その理由は、やはりアピール力のなさにあるといえます。
自費の場合、一般書籍と比べて、多くの方へ著書をアピールする場所がほとんどない上に、書籍として書店に置いてもらえる可能性も低くなります。
そのため、どうしても手に取ってもらう機会が少なくなってしまうのです。
ただし、最近はほとんど費用がかからず電子書籍として自分の作品を販売できるサイトなども増えていますので、そうしたところで出版し、SNSなどを活用して宣伝をすれば儲かる可能性もあるといえます。

新着情報

◎2018/4/5

本を書店に並べるには
の情報を更新しました。

◎2018/3/8

個人出版をするメリット
の情報を更新しました。

◎2017/12/14

自費出版の所得税の考え方
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

自費出版の種類について
の情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「出版 印税」
に関連するツイート
Twitter

RT @kakitama: RT)で説明されている様に、本の印税出版社が判断する「刷る部数」に応じて払われるもので、その後実売が何部になったかは書き手には関係ないので知らされない。実売と言っても理屈で言えば、長く売っていれば後からでも伸び得るものだから、これで最終と言う数字が…

Twitterえりまき トカゲ@kokekol

返信 リツイート 42秒前

返信先:@arimoto_kaori 見城さん、少しやりすぎに思いましたが物書きとして理解できる部分があります。 出版社と著者の関係性は雇用契約を結んでいませんよね。 よって、印税はいくらでも自由、売れたら印税を引き上げても面白いかも。 文句を言う前に有本姐さんのように自分を磨き売れる本を追求する姿勢が重要ではと。😉

Twitter奥村シンゴ ライター、コラムニスト他/孫在宅介護6年/@torata_t

返信 リツイート 18分前

RT @kingbiscuitSIU: 印税10%が出版界の標準だった頃、ここは著者によって足元を見て8%とか平気で値切ってきて、それは当時はまだちゃんとアコギなこととしてまわりから認識されていた。そのくせ「売れる」村●龍は「逃がしたくない」書き手だから実は15%のプレミアム設…

>本の価格のうち、作家はわずか1割しかもらわず出版社が9割ぶんどる。 ん?印税は1割が標準と聞いたけど、9割が出版って言うなら印刷や流通コストとかは何処から捻出してるんですかねぇ🤔

RT @kakitama: RT)で説明されている様に、本の印税出版社が判断する「刷る部数」に応じて払われるもので、その後実売が何部になったかは書き手には関係ないので知らされない。実売と言っても理屈で言えば、長く売っていれば後からでも伸び得るものだから、これで最終と言う数字が…

Twitter美味しいソルト@sonotanosolt

返信 リツイート 25分前

RT @kakitama: 検印・証紙がなくなったころの本の奥付には「著者との話し合いにより検印廃止」なんて表記があったりもした。これはもう出版社の”信用”。透明性はない。マイナーな漫画の出版社等では、著者に知らせずに増刷してその分の印税を払っていない、などと言う事例の噂も立っ…

Twitter美味しいソルト@sonotanosolt

返信 リツイート 25分前

RT @yuriha7: 三島由紀夫の「『花さかりの森』出版のころ」という随筆を読んでいたら、印税で浄瑠璃や歌舞伎台本を蒐集した残りのお金で、妹に香蘭社の小さな花瓶をいくつか買ったとあった。香蘭社の華やかな花瓶、三島らしい。

返信先:@matadorice 幻冬社に、出版直前に印税2パーセント減らされたというツイートが話題になっていますね。違うかな???

Twitterぴょんちゃん@BhWi4e

返信 リツイート 32分前

そう。これでもむかしは印税とかいただいたりしていたのですよ…。何もかもが懐かしい。 鬱やらかしたのとか、とある出版関係の方の講評に疑問を持ってから書けなくなったんですけどね。 なお、もともとはファンタジー書きでした。

返信先:@ootaku_watch出版物の場合原価に対応するのは印税等なのではないでしょうか? ②公表してしまうと買われなくなる可能性があるからという理由でとある情報を故意に消費者に伝えないのは情報の非対称性に当たり、市場の失敗を招き得るものなのではないでしょうか?

Copyrignt(c) 2017 自費出版をする前に All Rights Reserved.